太陽光発電 碧南市、西尾市、安城市、刈谷市など西三河全域対応します

太陽光発電でエコに貢献。技術と自然の調和。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

画像太陽光発電は太陽電池パネルを用いて太陽光を直接的に電力に変換する発電方法です。
発電の際は蒸気や熱などを介さずに電力を蓄積出来ることから非常に効率的といえます。
ゆえに水力発電を除く、再生利用エネルギーを使った発電方法の中で最も研究が活発かしているのが太陽光発電といえるでしょう。

 

 

発電に使用される太陽電池は素材や使途の違いなどから幾種もの型が研究・開発されています。
シリコンが代表的な太陽電池素材ですが、近年では無機化合物型や有機化合物型、あるいは第三世代と呼ばれる量子ドット型などの開発も進められ、コストやパフォーマンスの面でも飛躍的に進歩しています。
日本はその中でもトップクラスの技術と生産量を誇っており、企業の参入も意欲的であるといえます。

 

 

画像太陽電池の大きな利点は時計などの身の回りのグッズや一般の家屋から大規模発電所、将又は宇宙開発に至るまで利用出来る点にあるでしょう。 日常生活において太陽電池が使用される例として電卓や腕時計は有名ですが、道路標識、庭園灯、街路灯、駐車券発行機、携帯電話の充電器などにも活用されています。 

 

 

宇宙では人工衛星や宇宙ステーションでもその機能が利用されており、今後幅広い分野での活躍が期待されています。 また、大規模発電所の建設が難しいあるいは送電が困難な離島や僻地での電力確保のために、太陽電池を使った太陽光発電は非常に有効な手段といえそうです。